レーシック 無料 情報のページを説明

レーシック 無料 情報にようこそ!

必読の無料レポートは最下部の記事にあります。

なお、本文中の大部分は「記事も積もれば学となる!」より引用したものです。

>>当サイトの商品カテゴリ

レーシック、術後、回復度、

レーシック治療のウソ、ホント

近視治療レーシックナンバー・ワン実績

屈折力矯正術後の目をガードする保護グラスです。レーシックプラス6本セット




レーシック手術をすると、ほとんどの場合、コンタクトレンズやメガネをした時と同じくらいの視力が回復します。

レーシック手術は片目だけでも手術することができ、点眼麻酔をして手術するので、手術の痛みはほとんどなく、また、角膜の手術なので、眼の内部に影響を与えるものではありませんので、レーシック手術で失明する可能性はありません。

術後、約1ヵ月〜2ヶ月程度経過すれば、通常の運動をすることができますが、格闘技などの特殊なスポーツをしている方は、専門医師に相談したほうがいいでしょう。

レーシック手術後の経過は、人によって違いはありますが、平均的に裸眼状態で、1.0以上の視力回復が見込め術後2日間経過すれば、通常の生活を送ることができ、1ヶ月以上経過すると、力仕事や激しい運動もできるようになります。








レーシック手術、利点、メリット

レーシック治療のウソ、ホント

近視治療レーシックナンバー・ワン実績


レーシックが人気の理由としては、最新設備や技術向上により安全で確実である、両眼の施術時間が約20分程度で終る、施術中や施術後の痛みがほとんどない、施術後の視力回復が早いなどが挙げられます。

また、治療のために入院をする必要も無く、治療時間は短時間に受けることが可能なので、通常では仕事や学校を休む必要もありません。

レーシックは強度の近視で日常生活に支障があるという方や、コンタクトレンズを付けたりメガネを掛ける手間が煩わしいという方の悩みを解決する、非常に有効な治療法なのですが、体験者から多数の支持を得ているのも、いま急速に普及している理由です。

アメリカでは年間130万件を超えるレーシック治療が行われており、その安全性や効果は高く評価されています。

エキシマレーザーによる屈折矯正の進歩は極めて早く、屈折矯正は、患者のライフスタイルの向上に貢献する有力な選択肢のひとつであると言えるでしょう。








レーシック手術、安全性、概要

レーシック治療のウソ、ホント

近視治療レーシックナンバー・ワン実績


レーシックとは、角膜の実質部分だけをレーザーで削る、簡単な視力回復手術で、角膜表層切開とレーザー屈折矯正手術を組み合わせた最新の視力回復手術です。

角膜上皮とその下にあるボーマン膜を残すことで、手術の痛みがやわらぎ、視力の回復も早い治療方法です。

レーシックが普及してきた近年では、世界中でレーシックの手術が頻繁に行われています。

日本でもレーシックが急速に広まっており、今後、視力回復治療といえば、レーシックという時代になっていくでしょう。

レーシックではまず、角膜の実質層を出すためにフラップを作成し、その実質層にエキシマレーザーを照射し、屈折率を調節して視力を回復させ、眼への負担が少なく副作用や感染症の発生もほとんどない安全な治療法です。









医師、個人差、エキシマレーザー

レーシック治療のウソ、ホント

近視治療レーシックナンバー・ワン実績


切開した部分が眼球内部からの眼圧によって盛り上がり、それによって角膜中央部が相対的にくぼみ、結果として角膜に凹レンズを形成したのと同じ効果を得ることができます。

角膜にメスを入れる微妙な手術であるため、執刀医の経験と技術に頼るところが大きく、効果に安定性がありません。

エキシマレーザーは、やけどや障害を与えることなく、分子レベルで角膜の組織を除去し、正確な切開や切除ができ、遺伝子への影響がない、特殊な高エネルギーのレーザーです。

エキシマレーザーはコンピューターで制御されているため、近視や乱視の強さに応じて角膜を正確に削り取り、高い精度で角膜の形を整えることができます。

エキシマレーザー照射後のフラップの下の部位を角膜ペットといいます。

ベットは眼球の圧力を受けて角膜の形状と強度を維持しますが、フラップは角膜上面に固着していても強度には役にたたないのです。

ベットをあまり薄くすると角膜がゆがんだり隆起したりする恐れがあるため、ベットは250ミクロン以上残さなければならない基準があるのです。








メガネ、コンタクト、視力矯正

レーシック治療のウソ、ホント
近視治療レーシックナンバー・ワン実績
メガネの着用によって矯正視力は得られるが、裸眼視力自体を改善できないので、近視の度合いが進行してしまう難点があります。

そのため、月日がたつと近視は進行してメガネは合わなくなり、新しいメガネをつくる必要が出てしまうのです。

コンタクトレンズでは眼鏡と比べて十分に視力を矯正できない人もいますが、新しいタイプのコンタクトレンズが開発され、矯正できる屈折異常の範囲は広がって、乱視矯正のできるトーリックレンズというソフトコンタクトレンズもでてきました。

また、コンタクトレンズは眼鏡よりも手入れが大変です。

さらに医師により、メスを使って角膜の周辺に放射状の切開を入れ、角膜の厚さが薄い部分を形成する手術があります。









レーシック手術、治療法

レーシック治療のウソ、ホント
近視治療レーシックナンバー・ワン実績

メガネの着用によって矯正視力は得られるが、裸眼視力自体を改善できないので、近視の度合いが進行してしまう難点があります。


屈折異常を治すためには、網膜の前後にずれている焦点の位置を網膜の上に戻してやることです。

また、乱視がある場合で重度になると、いろいろな操作により、滲んだ焦点をはっきりとした焦点にしなくてはいけません。

近視になり始めでは、治療によって治る場合がありますが、大人になり眼の状態が固定してしまえば、治療や訓練で直すのは難しいので、メガネまたはコンタクトレンズによって焦点を網膜の上に移動しなければなりません。

さらに最近では、角膜の表面をレーザー光線で削ることにより焦点を網膜の上に戻す屈折矯正手術も行えるようになりました。

まず近視や乱視の治療として、メガネがありますが、角膜の前方に凹レンズを入れて、角膜の手前で屈折率を減らす方法です。

凹レンズは光を広げて通すので、物の焦点をより遠方に結ばせることができるため、焦点が手前で結んでしまう近視にとって有効です。









イントラレーシック、メリット、デメリット

レーシック治療のウソ、ホント
近視治療レーシックナンバー・ワン実績


さらにイントラレーシックは、従来のレーシックにくらべてよりフラップをうすく正確に作成することがきるので、その分角膜実質層を削りとれる量が増え、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能になっています。

イントラレーシックの手術方法は、検査データを基に診察を行ない、点眼麻酔を行います。次に、開眼器でまぶたを開いてイントラレースFS60レーザーを照射し、フラップを作ります。

エキシマレーザー室へ移動して、フラップを開きます。

適応検査で得られた詳細なデータをもとにエキシマレーザーを照射します。

フラップをもとの位置に戻し消毒をして施術は終了です。

しかし、イントラレーシックにもデメリットがあり、層間角膜炎の発生や、フラップの作成や接着に時間がかかるなどの欠点があると言われています。









イントラレーシック、その2

レーシック治療のウソ、ホント
近視治療レーシックナンバー・ワン実績


そして、アタッチメントが装着された眼がインドラレーザーの下に来るように移動させ、先端に平面ガラスが付いた金属の筒が下りてきてアタッチメントにはまり込みます。

平面ガラスが角膜面にしっかり密着固定してからイントラレーザーが照射されます。

レーシックで使用するマイクロケラトームを使用した場合、フラップの厚さは約160ミクロンと言われていますが、イントラレーシックのイントラレースレーザーで作成するフラップの厚さは約100ミクロンと言われています。

角膜が変形しているため従来のマイクロケラトームによるレーシックが難しかったった方も手術が可能になりました。

またイントラレーザーで作ったフラップ(厚さ約100ミクロン)は、非常に切開面も滑らかで、エッジ部分も直角でキレイに作られますので、術後にフラップのズレやシワは起こりにくくなりました。

イントラレーシックは、コンピュータ制御によりフラップを作成するので、断面もヒンジの部分も非常にきれいな仕上がりが期待できるといわれています。









イントラレーシック、方法

レーシック治療のウソ、ホント
近視治療レーシックナンバー・ワン実績


イントラレーシックとレーシックは、角膜にレーザーを照射して近視を矯正する手術方法はほとんど同じですが、フラップという蓋状のものを角膜に作るときに使う、角膜を削る器具や削る厚さや形状が違います。

イントラレーシックとレーシックの一番の違いは、フラップと言う近視レーザー治療で作られる蓋状の切れ目を作るのに使う器具が違うという点です。

イントラレーシックは機械で制御されたレーザーにより角膜が削られます。

イントラレーザーでフラップを作る方法ですが、眼が閉じないように開眼器具を取り付けてから、フラップの直径を設定してアタッチメントを角膜にのせて吸引固定します。








レーシック技術、病院、

レーシック治療のウソ、ホント
近視治療レーシックナンバー・ワン実績


さらに、レーシックの技術は年々進化しているため、以前からレーシックを行っている病院では、初期のデータも含めた場合は、最近レーシックを開始した病院に比べると手術成績が悪くなってしまう可能性があるのです。

また、病院によって手術の方針も異なり、ある病院では、過矯正になるのを防ぐため、角膜を多めに残したり、視力向上のため、ぎりぎりまで矯正を行うかもしれません。

こうした病院の方針の違いによっても、術後データは違ってきます。

このような理由から、術後データを単純に比較して、病院の良し悪しを決めることはできないため、参考程度にとどめた方がいいでしょう。

データで見ると以前の屈折矯正手術と比較するとかなりよい結果になっています。

しかし、データはいくらよくてもそれはひとつの結果に過ぎませんので、手術を希望される方は充分に理解したうえで手術を検討しましょう。








| 術後

レーシック手術、個人差

レーシック治療のウソ、ホント
近視治療レーシックナンバー・ワン実績


屈折矯正手術の結果に多くの方が満足していますが、他のいずれの医学的処方でも、屈折矯正手術の限界と、合併症の可能性などについてリスクが存在します。

再手術の割合はイントラレーシックで2・3%、レーシックで3・7%というデータがあります。

イントラレーシックのほうがレーシックよりも症状が重い方が多いのですが、再手術の割合は低くなっています。

ですから、屈折矯正手術を受ける前に、まず手術のリスクと利益を慎重に検討する必要があり、手術経験のある友人などの言葉に惑わされないようにする必要があります。

また、病院での術後データの計測時期が違いですが、手術翌日、1ヵ月後、3ヵ月後などと計測時期はいろいろで、受けた人の目の状態も違います。








| 術後

レーシック手術、視力、回復度

レーシック治療のウソ、ホント
近視治療レーシックナンバー・ワン実績


レーシック手術をうけたからといって、全ての方が希望通りの視力を得るはことはできません。

一般的に近視の症状が強い人ほど、手術を受けても希望通りの視力に戻らない確率が大きくなると言われているようです。

手術が成功したとしても、術後の経過について不確定要素が発生します。

目は生きていく上で大切なことなので、レーシック手術を受けようと考えてる人にとって、視力が回復するか不安があると思います。

レーシックの再手術では再度、適応検査を行い角膜の厚さを調べますが、角膜の厚さが足りなく手術ができない場合があります。

メガネは周辺がゆがんで見え、物が小さく見えて立体感が損なわれますが、屈折矯正手術後はそうした点が改善されることと、メガネのわずらわしさから開放されるため満足度が高いようです。

コンタクトレンズで、特にハードレンズはかなり重い近視も矯正できるため、術後もレンズと同じくらい見えると誤解される方がいますが、強度の近視の場合はハードコンタクトレンズのように見えるようにはならないのです。








| 術後

レーシック手術、無料レポート

レーシック治療のウソ、ホント
近視治療レーシックナンバー・ワン実績


さぁ、いよいよ無料レポートの紹介ですが・・・


私もこの無料レポートを読むまでは半信半疑でした(汗

実際読んでみると・・・


あ〜なるほどって感じで、これなら私でもできる!って思えました。




「レーシックを受けよう!と思ったら読むページ」の管理人のMOMOさんは、黒字になっています。


いくつかの作業をしなくてはいけないので、

解らないことは、私にメールいただくか

「レーシックを受けよう!と思ったら読むページ」の管理人のMOMOさんに連絡していただくと親切に対応していただけると思いますよ!


無料レポートを読む!から進んでください。









無料レポートを読む!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。